喫煙者が「タバコ」を「IQOS」に変えるべき理由

スポンサーリンク

 

どうもD.Fです。

 

最近は副流煙や火種の危険性を考慮しタバコを吸える場所が減ってきましたね。

飲食店に行けば喫煙席は無く終日禁煙の店ばかりになってきたし、街を歩くと歩きタバコ禁止エリアが拡大しているのに喫煙所が全然なかったり・・・

喫煙者の僕としては肩身の狭い思いをしています。

まぁ非喫煙者の人からしたら当然ですよね!笑

 

僕は2年前からIQOSに変えて生活していますが、初めは慣れませんでした。

独特な匂いと味がするので慣れるまで少し時間がかかりました。

でも今は変えて良かったなと思っています。

 

今回はIQOSに変えるべき理由を僕の経験をもとにご紹介します!

 

f:id:d-f-work:20180721225153j:plain

 

匂い(副流煙)が少ない!

タバコを吸っていて他の人から一番嫌がられるのって副流煙ですよね。

自分もタバコを吸っている時は気にならなかったのですが、IQOSに変えて「タバコがこんなにクサイにだ」と気づきました。

 

タバコを吸っている人は服や髪の毛にタバコの匂いが染みついていてすぐにわかります。タバコを吸って深呼吸して部屋に入ってきても全然タバコの匂いはするんです。

 

しかしIQOSはそれが無いです!

 

火を使っていないので煙は出ません。出るのは水蒸気です。

車で吸っても部屋で吸っても匂いが染みつくことはありません!

 

これはIQOSの最大のメリットだと思います。

煙が出ないことで非喫煙者の受動喫煙も防げるので、非喫煙者の中には「タバコは許せないけどIQOSならまだ許せる」という意見の方も多くいます。

 

僕も今まで家でタバコを吸うときは換気扇の下で吸っていましたが、IQOSにしてからは自分の部屋でも吸うようになりました。

 

IQOSの独特な匂いが少しの時間残りますが、窓を開けるなどの換気をすればすぐに匂いは無くなります。

 

喉の奥の違和感がなくなる

お酒を飲む方でタバコも吸う人にはどうしても伝えたいメリットなのです!

お酒を飲んでタバコも吸っていた次の日の朝に喉の奥が詰まって咳払いをしてしまう感覚分かりますか?

喉の奥にヤニがたまったようなイメージです。

 

IQOSにするとコレが無くなります!

 

黄ばみにくい

先程も説明したようにIQOSはあくまで水蒸気で燃やしていないのでタールが原則出ません。

タールはよくヤニと呼ばれるもので、歯の黄ばみや壁の黄ばみの原因になります。

 

しかしIQOSはタールを出さないので壁が黄ばんでしまうのを避けるため換気扇の下or外で喫煙をする必要がなくなるのです!

 

これは賃貸住宅にお住いの方には中々のメリットでは無いでしょうか。

 

まとめ

IQOSにも、値段が高い・味にムラがある・充電が必要などの欠点もあります。

しかし最近、飲食店などで「IQOSはOK」のお店も増えてきていますし、体への負担が軽減されるなど様々なメリットの方が多いように感じます。

 

まだタバコを吸っている人は是非一度、検討してみてください。

慣れればIQOSの方が断然いいですよ!!

 

 

お問い合わせはこちらから
メールフォーム

スポンサーリンク